続・根管治療|福岡市西区の歯医者

  • お電話でのお問い合わせはこちら

  • 診療時間9:00~13:00/14:00~20:00

    休診日:日曜/祝日

ブログ

続・根管治療

先日根管治療に関するブログを書いてもらったところ、それを見て多くの方に来院していただきました!

 

得てしてそういった方の治療は難しいのですが、無事に治癒していっているため、いくつかご紹介させていただきます。

(根の治療を専門でされている病院は、自由診療で10万円前後かかりますが、当院の根の治療は全て保険内診療で行っております)

 

1症例目の方は、以前当院に通院していたご家族からのご紹介で来られた、千葉県から引っ越して来られた方です。

関東のほうでいくつか病院を変え、何度も根の治療を行ったが治らない、ずっと腫れていて膿が出ているとのことでした。

引越しのため治療途中のまま来られましたが、最初はこういった状態でした。

一番右側の歯が治療中の歯ですが、歯の周りが全体的に黒くなっており、かなり状態が悪いことが伺えます。

 

 

まずは通常通り治療を開始したのですが、この方はとにかく唾液量が多いかたでした!!唾液が多いというのはお口の自浄作用の観点からみるととてもいいことではあるのですが、根っこの治療となると話が変わってきます。

根管治療は、歯の根の中を殺菌して菌のいない状態にすることを主な目的とする治療なのですが、よくCMなどでも紹介されているように、

 

「唾液1mlの中には約1億個の細菌」が存在します!!

 

つまり、その唾液が少しでも治療中の根の中に入ると、せっかく綺麗にした根の中がまた汚れてしまい、いつまでたっても治りません。

(ピカピカに磨いた床に、泥水をかけているようなものです)

 

おそらくこの患者さんの根っこの治療がこれまでうまくいってなかったのは、このことにも原因があった可能性があります。

そこでこういった患者さんには、ラバーダムというシートを歯の周りに被せて、唾液が入らないようにして治療を行います。

口は開けっ放しになるのですが、器具を咬んでもらうためそこまできつくはないそうです。
(※ただし、歯茎の近くに器具をかけるため痛みがでることがあり、麻酔が必要になります。)

そのため当院では必要な患者さんにのみこういったシートを被せた治療を行っています。

 

シートを被せて治療したところ、当然ですが唾液が全く入らなかったため、他院で10回以上治療しても治らなかった歯が、3回の処置で痛みも腫れもなく終了しました!

長くなるため2症例目以降の詳細は割愛しますが、

赤丸の部分にお薬が入っていないため感染を起こしていた根の治療をやりかえて

根の先までお薬をつめて治癒しています。

 

3症例目の方も、複数の病院で何度も根の治療をしたが治らないということでしたが、当院で治療を行い、見逃されていた神経の管をお掃除し、根の先までお薬を詰めたことで

2本とも症状が改善致しました!

 

また、同じく見逃されていた神経の管を見つけてお薬を詰めなおしたり、

同じく根の治療が不十分な歯の治療をやりかえて改善しています!

当院は根の治療は専門ではありませんが、専門の病院と近いレベルでの治療を行っています。

根の治療に何回もかかっている、治療したのにまた腫れたという方は一度ご相談ください!

ページトップへ戻る