歯の移植|福岡市西区九大学研都市の歯医者|にしおか歯科医院

  • お電話でのお問い合わせはこちら

  • 診療時間9:00~13:00/14:00~20:00

    休診日:日曜/祝日

ブログ

歯の移植

今回は歯の移植に関するお話です。

 

抜歯後の選択肢としては通常、以下の3通りがあり、どれもメリット・デメリットがあるため、患者さんとよく相談してから抜いた後の方法を決めています。

①ブリッジ

 

 

 

 

②入れ歯

 

 

 

③インプラント

 

 

多くの歯科医院ではこの3通りしか説明されないことが多いのですが、当院では歯科医師3名とも各々が口腔外科も得意としているため、第4の選択肢があります!

それが、歯の移植です。(保険適用可能) ※部位や欠損の箇所によっては適応外もあります

 

歯の移植では、親知らずなど「健康ではあるが必要ない歯」を、抜歯しなければならない部位に移植します。
健康な歯というのは、『①大きな虫歯などで感染がない歯、②歯周病によるダメージがなく、歯の周りにある歯根膜(歯の根と骨をつないでいる靭帯)がしっかりしていて、移植した先でまた骨としっかりくっつく余力が残っている歯』をさします。

先日当院にて行った症例でご説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

左上の奥歯が感染を起こし、歯の周り全体の骨が溶けていたため、抜歯が必要と診断しました。

その後の治療法を患者さんと話し合い、この患者さんは右上の親知らずを左上に移植することを選択されました。

 

 

そのため、右上の親知らずを慎重に抜歯を行い、(歯根膜をしっかり残す必要があります!)

その歯を左上の歯を抜いた部分に移植し、前後の歯と固定しています。

 

 

その後は歯が付着するまで2ヶ月ほど待ち、問題がないことを確認してから被せ物を装着しています。

左上にも親知らずがあったのですが、移植歯が問題なかったため、左上の親知らずは抜歯しています。

現在も定期健診に通われていますが、問題なく噛めているとのことでした☆

 

 

適応症が限られているため、残念ながら誰でもできるという治療ではありませんが・・・外科処置が得意な当院だからこそできる治療方法の1つです!!

 

とはいえ、まずはご自身の歯を長持ちさせることが大事!!!だと思っていますので、歯周病専門医による治療や、補綴科出身ドクターによる被せ物の形態の工夫により1本でも多く自分の歯を残せるように尽力しています。

当院は、院長をはじめ一人一人が歯科治療の専門分野を持っており、総合的な歯科治療を行うことが可能です。

 

 

抜歯しなければならなくなった方、抜歯後に周りの歯は削りたくない方、1本だけの入れ歯と言われたけど嫌だなぁ・・・という方、インプラントしかないと言われたもののそんなお金ない…といったお悩みをお持ちの方は、一度にしおか歯科へご相談ください!

 

ページトップへ戻る