矯正歯科|福岡市西区の歯医者|にしおか歯科医院

  • お電話でのお問い合わせはこちら

  • 診療時間9:00~13:00/14:00~20:00

    休診日:日曜/祝日

矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科とは、矯正装置を使って歯を根元から動かし、歯並びやかみ合わせを改善する歯科治療です。
歯並びが悪いことを不正咬合と言い、そのままにしているとお口の中の清掃がうまくいかず、残りカスがむし歯・歯周病のリスクを高め、かみ合わせが悪いことで歯に過度な負担をかけてしまうことがあります。当院では、歯の健康を守るために矯正歯科も大切な治療のひとつだと考えています。

子供の矯正

子供の矯正では、成長途中の骨の動きを利用して、治療をしていきます。その時の歯並びの状態だけでなく、成長によって歯並びが変化することも考慮に入れる必要があり、特に永久歯が生え揃う前の治療は見極めが大事です。

お子さまによって1期治療を行うべきか、永久歯が生え揃うまで待つべきか、両方の治療を行うべきかの判断が異なり、場合によっては早期に矯正歯科治療を行った方が良いこともあります。お子さまの歯並びは早めに相談することをおすすめいたします。

大人の矯正

大人の矯正治療は子供の矯正治療とは違い、ただ歯をきれいに並べるだけではありません。矯正治療中にむし歯や歯周病にならないように予防処置をおこない、舌の悪いくせなどを治すトレーニングもおこないます。

子供と違って成長をある程度終えているため、時間と費用が多少かかることをご理解ください。

マウスピース矯正

Giko Aligner®とは、株式会社ギコウの製造する透明のマウスピース型矯正装置です。

  • 金属を使わないため、職場や学校でも気づかれずに矯正治療を行えます
  • 大事なイベントや人前に出る機会があっても治療を継続できます
  • マウスピースタイプなので自身で取り外しができ、お口のケアもしやすいです

当院では「透明の矯正装置」Giko Aligner®︎を導入しております。Giko Aligner®は、当院でも患者様満足度の高い治療です。お口の健康のためにも歯並びはとても大切です。歯並びで悩まれている方はお気軽にご相談ください。

Giko Aligner®の適応

基本的に矯正治療としては軽度の症例が適応となります。
前歯の歯並びを改善し、見た目を良くしたい方が最も適応です。

Giko Aligner®の不適応

抜歯しないとできない症例、成長期の子供には不適応となります。
(ただしその場合でも従来のワイヤー矯正であれば治療は可能です。)

マウスピース矯正が可能かどうかや、治療してどのような歯並びになるのかは、
歯型をとって専用の機械で読み込むことで治療前に分かりますので、
まずはお気軽にご相談ください。

治療の流れ

  • 【1】まずはカウンセリングを行い、上下の歯型を取ります。
  • 【2】専用の機械を使って診断用セットアップを作成します。
      この段階で治療の可否、治療後の歯並び、治療回数などのおおよその目安がわかります。
  • 【3】再びカウンセリングを行い、ご了承いただければ治療開始です。
  • 【4】3種類のマウスピースをお渡ししますので、1つのマウスピースを7〜10日間ずつつけていただきます。
  • 【5】約1ヶ月後に来院していただき、歯型を取ります。
  • 【6】再び3種類のマウスピースをお渡ししますので、1つのマウスピースを7〜10日間ずつつけていただきます。
  •   これを矯正終了まで繰り返します(平均10回程度。早いケースでは5回以下)

  • 【7】歯並びが元に戻らないように、保定用のマウスピースを製作します(最低2年間の使用を推奨)

※虫歯や歯周病にならないように随時口腔ケアも行います

治療の流れ

マウスピース矯正により誰でも便利で手軽に矯正治療が受けられるようになりました。
マウスピース矯正のほとんどの工程はコンピューター処理されるため、非常に正確に最短距離での治療が行えます。しかし最終的な診断や仕上げは歯科医師が行うため、矯正治療の経験が浅い歯科医師が行うべきではありません。
当院では長年矯正治療を行なってきた院長が最終チェックを行い、治療はGiko Aligner®認定医が行います。

また、マウスピース矯正は装置の取り外しが可能なため歯磨きはしやすいですが、
長時間口腔内に装置をつけるため、今までよりも虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
当院では歯周病専門医の先生の指導の元、口腔ケアにも力を入れて取り組んでおりますので、安心してご来院ください。

ページトップへ戻る