口腔外科|福岡市西区の歯医者|にしおか歯科医院

  • お電話でのお問い合わせはこちら

  • 診療時間9:00~13:00/14:00~20:00

    休診日:日曜/祝日

口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは、虫歯や歯周病など一般的な治療以外の口腔のケガや親知らずの抜歯、顎の骨や周辺に起こる病気などに対応する診療科目のことです。下記の症状に近いものがある場合、早めの受診をおすすめいたします。

  • 親知らずが生えている
  • 口腔内の外傷
  • 歯が折れた
  • 口内炎
  • 顎の骨折
  • 唇の外傷
  • 歯が抜けた
  • 顎の痛み

親知らず

顎の骨に埋まっている状態の歯を抜きます。親知らずが原因で隣の歯が虫歯になったり、顎の神経にも悪影響を与えて腫れてしまったり、膿が溜まってしまうなど、口腔環境を悪化させてしまうため、取り除く処置をします。

顎・口腔内の外傷

顎や口腔内の外傷治療は、咬合の問題がからむため非常に正確な治療が要求される部位です。
これら外傷に対して歯科の立場から治療を行います。

顎関節症

顎関節の痛み、開口障害を主訴とする顎関節症は、今や歯科領域では虫歯、歯周病に次ぐ歯科の三大疾患の一つとして位置づけられています。正確な診断と検査を行い、スプリント療法、円板整位運動療法、パンピング(顎関節注射)などを中心に行っています。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間、呼吸が止まってしまう病気です。歯科装置(マウスピース)による無呼吸症の改善を行います。

口内炎

口の中や舌の粘膜に起きる炎症です。比較的広い範囲に病変が発生し、口の中に原因があって起こる場合と、全身的な病気の症状として起こる場合がありますが、 原因が不明なものも少なくありません。

ページトップへ戻る