口腔機能低下症

口腔機能低下症とは?

口腔機能低下症

一般社団法人日本老年歯科医学会 参照

口腔機能低下症とは、その名の通り口腔内の機能(咀嚼、嚥下、構音、唾液、感覚)が低下していく症状です。原因は主に加齢ですが、その他にも疾患や障害など様々な要因があります。
口腔機能低下症を放置していると、お食事をすることが難しくなり、お口だけでなく全身の筋力が衰え、特に高齢の方は要介護状態につながります。
にしおか歯科では7つの項目から口腔機能低下症を診断し、患者さまに合った治療法をご提案しています。

こんな症状ありませんか?

  • 食べ物が口に残るようになった
  • 固い物が食べにくくなった
  • 食事の時間が長くなった
  • 食事の時にむせるようになった
  • 薬を飲み込みにくくなった
  • 口の中が乾くようになった
  • 食べこぼしをするようになった
  • 滑舌が悪くなった
  • 口の中が汚れている

診断方法とケアについて

1.口腔衛生状態不良(口腔不潔)

舌苔(ぜったい)の付着度を見ることによって、お口の中の清潔度を検査します。
舌苔には食べカスや汚れ、お口の中の細菌が溜まっています。口臭の原因になるだけでなく、舌苔が厚くなると熱さや味を感じにくくなります。

  • 1日2回以上、夜寝る前にも必ず歯磨きを行いましょう。
  • 舌も綺麗に汚れを落としましょう。
  • 歯間ブラシ、フロスも併用しましょう。
  • うがいをしっかり行いましょう。(ブクブクうがい)
  • 入れ歯をお持ちの方は入れ歯もしっかり汚れを落としましょう。

2.口腔乾燥

お口の中の水分量を検査します。

口腔水分計ムーカスによる測定
サクソンテストによる評価

乾燥したガーゼ(2g)を2分間咬んで頂きます。
増加した増量で唾液量を測定します。

  • お口をよく動かすようにしましょう。
  • 水分をこまめに摂りましょう。
  • 唾液腺マッサージを行いましょう。
  • お口専用の保湿剤を使用しましょう。

3.咬合力低下

残存歯数などで噛む力(咬合力)を測定します。

  • 虫歯や歯周病があれば治療し、咬み合わせを治しましょう。
  • 歯ごたえのあるものを食べましょう。(スルメイカ、干し芋など)
  • 入れ歯をお持ちの方は咬み合わせがあっているか歯科医院で確認、調整しましょう。
  • 咬む筋力を鍛えましょう。

4.舌口唇運動機能低下

「パ」「タ」「カ」をそれぞれ5秒間発音し、口唇や舌の動きを測定します。
5秒間での合計発音数を計測し、1秒当たりの回数を算出します。

舌口唇運動機能低下

  • お話しする機会を増やしましょう。
  • 早口言葉や滑舌の練習を行いましょう。
  • 舌や唇をしっかり大きく動かしましょう。
  • 専用器具や楽器などを使用し、唇や頬の力を鍛える運動を行いましょう。

5.低舌圧

舌の力(舌圧)を測定します。

低舌圧1 低舌圧2

  • 舌をよく動かすようにしましょう。
  • 舌を口の中ではじいて、ポンと音を鳴らしましょう。
  • 舌で左右の頬を内側から押し、舌の筋力を鍛える運動を行いましょう。
  • 舌の筋力を鍛える専用の訓練器具を使用しましょう。

6.咀嚼機能低下

グミゼリーを噛んで咀嚼能力を検査します。

  • 入れ歯は装着したまま行います。
  • グミをお口に入れたらすぐに噛み始めてください。
  • 直前に糖分を含んだ飲食をした場合は、3回以上洗口をしてください。
  • 唾液は飲み込まないようにしてください。

咀嚼機能低下

  • 虫歯や歯周病などがあれば治療し、咀嚼機能を改善しましょう。
  • 食事の際は1口に20~30回咬んで食べましょう。
  • 食べ方指導や咀嚼機能のトレーニングを受けましょう。

7.嚥下機能低下

嚥下機能を調べるために、10問のアンケートにお答えいただきます。

  • 飲み込み力の検査を受けましょう。
  • 飲み込みの力を鍛えましょう。
  • 呼吸訓練などを行い、呼吸の力を鍛えましょう。
TOPへ戻る
tel.092-807-3748【診療時間】9:00~13:00/14:00~20:00 土17:00まで 日・祝休診24時間いつでも受付ネット予約9:00~13:00 / 14:00~20:00 土17:00まで 日・祝休診
知ることから始めるお口の総合検査 歯科ドッグ
妊娠期間中に1回、無料で歯科健診が可能 妊婦歯科健診
1日で歯の治療ができる?!セレックシステムによるワンデイトリートメント
スタッフ募集中 私たちと一緒に、にしおか歯科医院で働きませんか?スタッフ募集中 私たちと一緒に、にしおか歯科医院で働きませんか?
NEWS お知らせ
BLOG ブログ
24時間受付中WEB予約